ローコスト住宅 ランキング

  •  
  •  
  •  

ローコスト住宅 ランキング【安くて おすすめ ハウスメーカー】

ローコスト住宅でおすすめは?寿命や断熱材など大丈夫?ローコスト住宅をランキング形式で紹介します。そして、安くてもおすすめしたいハウスメーカーや特徴なども紹介します。

おすすめランキング ローコスト住宅

 

 

 

ローコスト住宅比較!

 

  • タマホーム
  • アイフルホーム
  • レオハウス
  • クレバリーホーム
  • ユニバーサルホーム

 

ローコスト住宅でも有名な上記の5社、本当に大丈夫? 記事内のローコスト住宅ハウスメーカーでメリット・デメリットを紹介します!

 

 

今やローコスト住宅のマイホームで大丈夫?と思う必要がないくらいローコスト住宅メーカーの人気が有ります。その理由は、さまざまな要因が有りますが一番の人気の理由が安心面だと思います。

 

昔は安かろう悪かろうでしたが、今のローコスト住宅は違います。たくさん売ることでコストが下がり、品質も良くて保障面でも大手ハウスメーカーとさほど変わりが無いように思われます。

 

また、自由設計のローコスト住宅がたくさんある所も増えているのが、人気の理由です。今や給料が常に右肩上がりでは有りません。スマホや子供にかかる費用も断然増えてきている世の中で、ローコスト住宅で住宅ローンの軽減を図れる所も人気の理由ではないでしょうか!

安くてもおすすめ ローコスト住宅 ハウスメーカーランキング

マイホームを建てるならローコスト住宅がおすすめ!

 

今やマイホームはローコスト住宅突入時代です。終身雇用が崩壊し年収も右肩上がりでは無い時代になりました。それでもマイホームは、ほしいのはいつの時代も同じです。

 

そして、1000万台のハウスメーカー、坪単価が20万台のハウスメーカーが次々と、この20年で誕生し、売上から着工棟数も有名な大手ハウスメーカーに負けないほど急成長になりました。

 

そして、ローコスト住宅のハウスメーカーもいくつか有りますが、いざ住宅展示場や営業マンに話を聞いてもよく分からないことばかり!

 

そんな方に、安くてもおすすめなローコスト住宅のハウスメーカーを紹介します。今やローコスト住宅でも保証や品質は思った以上です!

 

 

ローコスト住宅 おすすめランキング1位 レオハウス

急成長のレオハウス

 

クレヨンしんちゃんのキャラクターで有名なレオハウス!2006年に誕生した新しい住宅メーカーになります。しかし、レオハウスのすごい所は、10年も経たない間に年間2000棟近く建てるほどの人気ぶりです。

 

その理由は、いくつか有りますが、ローコスト住宅なのに、品質は良くて設備機器も大手設備メーカー採用で安心です。

 

また、親会社がナックになりますので経営状態なども安心出来ます。全国に40か所以上展示場も有るのも魅力の一つです。価格は、坪単価25.8万から。この価格でのマイホームは驚きです。

 

まさしくローコスト住宅を建てるならレオハウスです。

 

ローコスト住宅 おすすめランキング2位 アイフルホーム

キッズデザイン賞のアイフルホーム

 

こどもにやさしいのがアイフルホームの家!価格にやさしいのが大人にとってうれしいアイフルホームの家です。

 

LIXILグループのアイフルホームは、最先端技術を生かした安心できるマイホームです。キッズデザイン賞を何度も受賞するほど、安全面や家族のふれあいを大切に作られたマイホームになっています。

 

価格も30坪プランなら1000万程度から有り、いろいろな間取りプランなども有ります。

 

平屋住宅から2階、3階建て住宅までそろっているので、どんな家族プランも対応できます。年間棟数も4000棟以上有るのも人気がある証です。

ローコスト住宅 おすすめランキング3位 ユニバーサルホーム

安心のユニバーサルホーム

 

人と地球にやさしい家づくりを企業理念をしているのがユニバーサルホームになります。

 

一番の魅力は、地熱床システムを標準採用していることです。地熱は冬は暖かく、夏が涼しいのが特徴です。この地熱を利用したシステムです。

 

そして、一番の魅力は、坪単価が33.3万からになりますので、価格的にも魅力です。また、アイフルホームと同じように子育てにやさしいのがユニバーサルホームの特徴になります。

更にローコスト住宅のユニバーサルホームの場合は、商品数が19ブランド有るので、選べる楽しさが有ります。

 

 

ローコスト住宅と言っても、何千万もするのがマイホームです。ローコスト住宅での坪単価の平均は、30万前後の所が多い傾向です。

 

しかし、あくまでも本体標準価格になります。

 

マイホームを購入する場合、諸経費や引越費用、家電、家具、地盤改良やローン、火災保険などさまざまな追加費用がいります。

 

最低でも400万近くいるため、その金額を含めたマイホーム計画をしましょう。

 

ローコスト住宅 おススメ

ローコスト住宅 工務店

リンク集一覧

 

ローコスト住宅 ランキング【安くて おすすめ ハウスメーカー】

Copyright ローコスト住宅 ランキング【安くて おすすめ ハウスメーカー】 All Rights Reserved.